GYOPAO BLOG

餃包ブログ

看板メニューの餃包って実は・・・

 投稿日 2018/3/6

 

 餃包ストーリー

 

こんにちは!
「芸人さんみたい!誰かに似てますね。」って言われて、
「(野太い声で)麒麟です」って言わない方です。で
伝わる人、アミです。


肉汁水餃子 餃包の看板メニューはご存知の通り、

「餃包」です!!!





もっちりとした皮に包まれ、

中から小籠包のように肉汁がじゅわっと溢れ出てきて、

中にあるのは鹿児島産の黒豚が味わえる。

それが餃包です。



実はこの餃包。。


「親孝行」の想いからできている一品なのです。


餃包の社長のお父さんは台湾の出身。お母さんが九州の出身なのです。


社長は「おふくろの味を届けたい」という想いと、

「親孝行を全うしたい」という想いから

台湾の郷土料理の一つである小籠包と

九州の郷土料理の一つであるダゴ汁、鹿児島産黒豚

をかけ合わせた独自の食べ物なのです。



僕は最初にこのストーリーを聞いた時に素敵な食べ物だなって思いました。


お店の理念にも「愛、感謝、親孝行」を掲げています。


親って当たり前みたいな存在ですが、

自分の源であり、唯一無二の存在である両親に、

僕も親孝行を全うしていきたいなって少しずつ思えるようになりました。

毎年、父、母の誕生日には花を贈ってます。


僕、大人の階段を登り始めました!笑

Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.