GYOPAO BLOG

餃包ブログ

餃包の意思決定と購買プロセス

 投稿日 2018/6/26

 

 ティール組織, 私たちのシゴト

 

こんにちは!

人生初の富士山登頂まであと約1ヶ月になり、階段をなるべく使って日常の中でトレーニングを開始しました餃包オフィサーのアミです。

(オフィサー:ティール組織の餃包で働くスタッフの名称。詳しくはコチラ

 

 

仕事をしていると色々な改善点に気づく経験って誰にでもあるのではないでしょうか。

 

「あそこはもっとこう工夫した方がいいな~」

「この仕組みはここが微妙だから、今後はこうした方が良くなりそうだな~」

「あれがあったら、もっと仕事効率上がるのにな~」

 

それこそ餃包では、以前コチラのブログでもご紹介した”グッドシェアリング”という出勤する全メンバーが書く個人の日報のような紙に改善項目が用意されているので、どんな事でも改善点を見つけてアイディアを出す仕組みになっています。

 

では、ここで出されたアイディアやここ以外で想い付いたアイディアなどはどこで誰が改善していくのか?

 

 

まず「誰が」改善していくのかという点ですが、基本的にはアイディアを出した「本人が」改善に取り組みます。

 

どのように取り組むかと言いますと、餃包はいくつかLINEグループがあるのですが、その内のあるグループに自分が実行したいアイディアを投げていきます。

 

その名も・・・

 

 

 

「餃包 意思決定」

 

こちらのグループに自分の改善案ややりたい事のアイディアをガシガシ投げていきます。金額が絡むものに関しては金額も明記の上で投げます。

 

大体数百円~数千円で買えるものは1時間~3時間ほどで改善案が確定する傾向が多く、金額が高くなるにつれて、確定までの時間は慎重になるため伸びます。それでも現状24時間で確定する傾向が多いです。

他にも組織の仕組みを改善したい場合や何かイベントを催したい場合も、具体的なアイディアやその目的と共に大体24時間の猶予をもって進んでいきます。

 

基本的に発案者は確定まで持って行くことができますが、一緒に働くメンバーの誰かしらから反対意見や確認したいなどの声が出た場合、発案者はその意見に向き合うことになります。

万が一その声に向き合わずに勝手に確定した場合は、発案者への信用残高が減ったり、トラブルが起きる可能性があったり、周りから協力してもらえなくなるというリスクを負う事になります。

 

 

例えば、壊れたものを買い足したい、試しに使ってみたい備品があるなどは写真のように誰もが分かるデータと併せてグループに発信をします!

 

 

備品の購買以外にも、先日合同企業説明会に申し込むアイディアが投げられたりもしています。

 

 

こういった形で餃包は一人ひとりがスピーディにかつ具体的な改善や成長を実行していく取り組みをしています。

全ては、お客様に幸せになって頂きたいからです。

Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.