GYOPAO BLOG

餃包ブログ

富士山登ってきました

 投稿日 2018/7/31

 

 日々の出来事

 

こんにちは!

お酒は好きで飲むのではなく、一緒に飲む雰囲気を楽しむために飲む餃包オフィサーのアミです。

(オフィサー:餃包で働くスタッフの名称。詳しくはコチラ

 

 

先日お休みを頂きまして、人生初の富士山へ登ってきました!!

 

ぶっちゃけ餃包とは全く関係ない記事ですが(笑)、登る過程で色々と気づいたこと感じたことがありましたので、その辺りも含めて模様を綴ろうかと思います。

 

 

今回参加したきっかけは、元々友人が10年連続富士山登頂チャレンジ!というのをずっとやってまして、毎年その模様をFacebookで眺めていました。

 

「いつかは日本一の山を登頂してみたい」

 

 

そんな想いを持ちながらもずっと先延ばしにしていて、今年ついに9年目のチャレンジとなってました。

 

主催者の友人から「アミくん、10年目は1番厳しいコースだよ」と言われ、「よし!楽なウチにいこう」とそんな理由でついに参加を決意しました。笑

 

 

しかし!!

ちょうど富士山アタックをかける日には台風12号が迫ってきております。

 

どうなる富士山アタック!?

 

 

当日を迎え、朝7:30に集合場所へ付き、台風状況のもと、9回目のチャレンジがどうなるか結果が言い渡されます・・・

 

主催者「今年の富士山アタックですが、皆さんが安全に生きて帰ることを目的とした結果、登頂は断念することにしました。」

 

!!!!!!

 

何事もやるからにはやり切る男、アミおにとって登頂ができない事に物凄く残念感と悔しい感をその時感じました。まさに葛藤です。

 

 

主催者の友人のアナウンスは続きます。

 

主催者「僕たちも8年連続で登頂してきて山頂に行けないのは初めての経験です。ですので今回は7~8号目まで登り、下山をしますが、そのプロセスをとことん楽しむ富士登山にしたいと思います。よく聞く言葉ですが『山は逃げない。』ですので、この悔しい想いは来年にぜひ繋げてもらえたらと思っています。」

 

 

そうですよね、山は逃げないですし、変えられないものに逆らってチャレンジしたところで、相手は自然ですので、とても過酷な目に遭うか最悪命を落とすことになります。

 

こんな所で命を落としては親不孝にもほどがあります。

 

変えられないものに焦点を当てるのでなく、変えられるものに焦点を当てて自分をコントロールする事がセルフコントロール力を高める上では大事かなと感じます。

 

 

という事で、僕が一緒に登ったグループにはパンダさんがいました。

 

 

 

富士山下山中の目に映る雲の上の夕焼けは写真では表しきれない程綺麗なものでした。

 

 

下山途中は膝が少しガクガクしながらだったのですが(笑)、それでも一歩一歩足を前に出す事で前に進めるのだから、何事も前に踏み出す事が大事だな。と当たり前のことを感じました。

 

 

登山自体は学生時代にボーイスカウトで行った以来ですのでとても久々でしたが、とても楽しめました!そのうち餃包のファンクラブ会員さんと富士山登ったり、「餃包 登山部」的な部活動なことが勝手に立ち上がってできたら面白そうです(^o^)/

Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.