GYOPAO BLOG

餃包ブログ

餃包の軌跡vol.3

 投稿日 2018/10/15

 

 餃包ストーリー

 

こんにちは。

餃包の曾(そう)です。

さて、前回は私たちが陥ってしまった『プロダクトアウト』の考え方について書きました。

 


前回の記事はこちら

このブログでは、経営不振により撤退した『アールバーガー』と『餃包』を比較して、失敗から学んだ実体験をお伝えしていきます。

 


今回から、「餃包の軌跡」というタイトルに変更しました。

〜今求められるのは『顧客視点』〜

 

みなさん、今の日本ではマズいお店を探す方が苦労しませんか?

 

続いてる店は、どこも美味しいし、独自の商品やサービスで客を飽きさせません。

 

そしてもちろん、アールバーガーのハンバーガーやサイドメニューもどれも美味しかったのです。

 

しっかり商品開発に時間をかけていたので、『味』はよかったんです。

 

では、なぜ失敗したのか?

 

 

 

 

それは、今だから分かるのですが、

 

 

 

『お客はそんなの求めてない。』

 

 

 

ということだと思います。

 

 

 

アールバーガーの特徴は、

 

モチモチした白い蒸したバンズ

 

生産にこだわった豚肉100%のパティ

 

レタスの代わりに無農薬の大葉

 

ピクルスは大根の甘酢漬け

 

ソースは老舗八丁味噌を使った濃厚ソース

 

でした。

 

 

 

 

 

 

 

「みなさん、是非これ、お店に来て買ってください!」

 

と、僕は今、自分自身で書きながら、

 

 

「これ、もはやバーガーちゃうやん。肉まんの進化系やん。まぁ1回だけ試して終了やな。」とつぶやいています。

 

 

だって、ハンバーガーって

 

焼き目が美味しそうな茶色いバンズ

 

ガツンと粗挽きのビーフパティ

 

とろーりとろけるたっぷりチーズ

 

シャキッとレタスと真っ赤なトマト

 

薄切りのきゅうりのピクルスに

 

ケチャップにマスタードぶっかけてかぶりつきたいですもん。

 

 

 

 

 

まぁ、これは1つの例に過ぎませんが

 

「自分たちが考えた、この商品をどうやって売るか?」

 

ばかりを考えていたら、結局誰も買ってくれなかった訳です。

 

 

 

月日が経ち

 

 

アールバーガーの失敗で、運転資金が枯渇していた私たちは、背水の陣で餃包を誕生させました。

「これでダメだったら解散しよう」

という状況だったので、


「最後くらいは、自分が客なら通いたくなる店を創りたい」という想いでした。

内外装にお金をかけることは出来なかったので、特に商品に対して

「これは、自分がお客だったらこの金額で買うか?」と言う視点でメニューを作っていきました。

それがお客さんに受け入れられたのか、餃包の開業では予想を上回る客数を得ることが出来ました。

 

 

 

 

さらにその後、アールバーガーとの大きな違いが現れました。

それは、

開業後に『アールバーガー』は衰退していき、

『餃包』は徐々に成長し続けました。

さて、その衰退と成長の違いはなんだったのでしょうか?

 

【敗因その②】

・『事実』を受け止めていない

 

 

ここで言う1つ目の事実とは『顧客の声』です。

 

 

先ほどのハンバーガー例だと、

 

「アールバーガーってハンバーガーっていうより、肉まんだよねー。つーか高いから普通のコンビニの肉まん買った方がよくない?」

 

とお客さんに口コミをされたとしても

 

「いやいや、これだけこだわってるヘルシーなハンバーガーだから安いくらいだよ。まぁこの人はうちのお客さんじゃないから無視しよう。」

 

と勝手に結論付けていました。

 

しかし実際には、いい商品か、悪い商品か、買うか、買わないかを決めるのはお客さんです。

 

という事は、どんなに良い商品だと作り手が思っていても、お客が「これは悪い商品だ」と言えば、それが事実となる訳です。

 

 

 

 

 

なので、餃包では顧客の声を大事にしています。

 

アンケートや覆面調査、ネットの口コミなどで『自分達がいい店を運営できてるかどうか』の事実を確認しているのです。

 

もし、うまくいってなかったらすぐに改善をし、

 

もし、うまくいってるなら、それをさらに伸ばすようにしています。

 

 

その繰り返しが餃包の成長に大きく繋がっていると思います。

 

 

 

では、2つ目の『事実』とは何でしょうか?

 

 

 

 

つづく。

Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.