GYOPAO BLOG

餃包ブログ

我々はオフィサーと呼ぶ!

 投稿日 2018/4/13

 

 餃包ストーリー

 

こんにちは!

500~600ページぐらいある本を友達と集まって読書会するのが趣味の1つの餃包のアミです。

 

 

最近お店近くの会員様のお店に日中訪ねたら、その方がその日の仕事終わりに、逆にウチのお店に来てくれました。

なんかこうゆうの嬉しいですね!!

しかもその方のお名前もネームプレートを見てバッチリ覚えました。

 

次回からNAHを活用しまくります。

Name And Hello!

 

 

最近では企業で働く仲間の呼び方として様々なユニークな呼び方がありますよね。

 

キャスト、クルー、パートナー、、

 

僕たちの会社でも役員、社員、アルバイト、パートという呼び方を以前まではしてましたが、最近呼び方を変更しました。

 

それが・・・

 

 

「オフィサー」です!!!

 

 

由来は会社の課題図書でもある大人気海賊漫画にも出てくる船!!

「夢、目標に向かってみんなで航海する、冒険するって感じがいいよね~」となりまして、「ただ『クルー』だと大手バーガー企業に乗っかった感があるよね~。でも『クルー』って表現いいな~」とみんなでワチャワチャ話してました。

 

そんな時!!

あの餃包人気ジジドルの村長が!!

80年の人生経験を経て培ってきた素晴らしいアイディアをかまします!!!

 

 

村長「クルー以外にも『オフィサー』ってのもあるよな。『オフィサー』には航海士の意味もあって、その人が欠けると船を出すことができないんだよ。その中でも等級によって、ファースト、セカンド、サードって頭に付いたりしてよ。」

一同「・・・それだーーー!!!」

 

という事で、我々は仕事仲間の事を「オフィサー」と称しています。

 

 

元々呼び方を変えようとしたキッカケも会社の経営理念である「世界に誇れるいい会社を私が創り、5人の物心両面の幸せに貢献する」という所から来ています。

 

基本的に"私が"創るのであり、役員でも、社員でもありません。

どうしても役員、社員、アルバイト、パートと表現することで上下関係が生まれるイメージがありました。

スタッフという表現にユニークさやユーモアを感じられませんでした。

 

それを払拭したい。誰にでもチャンスは平等にあるんだ。誰でもチャンスは自分がつくれるんだ。という対等感を出したかった。

大切にする想いは皆一緒でも、個人はひとりひとり尊重する文化を目に見える形にしたかった。という想いから、今回の改善が施されました。

 

 

いつからでもどこからでも誰でもチャンスは自分がつくりだせる。

餃包オフィサーはそんな集まりです。

Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.