GYOPAO BLOG

餃包ブログ

サバティカル休暇

 投稿日 2018/4/18

 

 日々の出来事

 

こんにちは。

餃包の曾(そう)です。

 

 

以前うちのアミちゃんから紹介があった『サバティカル休暇について今日はご紹介しようと思います。

 

『サバティカル休暇』とは勤続10年ごとに1ヶ月の有給が頂けるという制度です。

 

僕は2005年から勤務を始めていましたので、2016年の夏に1ヶ月のお休みを頂きました。

 

もちろん、10年経ったらいつでも『サバティカル休暇』を取れる訳ではなく、

「自分の抱えてる仕事をどうするか」

「仲間やお客様に迷惑がかからないか」

「1ヶ月の休暇の目的は」

など明確にし、考慮した上でみんなに許可を得る訳です。

 

僕の2016年の『サバティカル休暇』の目的は

①家族のために育児休暇を取ること

②メンバーの成長のために仕事を任せること

でした。

 

 

①について

当時、僕には10ヶ月の赤ちゃんがおりまして、それまでほとんど育児は奥さんに任せっぱなしでした(今もそうだけど)

 

どのくらい育児をしてないかというと、10ヶ月で、

・オムツを変えたのは3回くらい

・お風呂に入れたのは1回か2回

・ご飯を食べさせた記憶はない

・寝かしつけなんて夢のまた夢

みたいな感じです。

 

おかげで赤ちゃんの僕に対する反応は、他人より冷たかったです。

 

 

②について

当時、僕はほとんど現場を仕切っていました。

 

何か決断することも、改善することも、接客も、調理も、モップ掃除もあらゆることを人に任せずに自分でやっていました。

 

そんな①と②の状況を「さすがにこのままだとやばいな」と思い始めた時に『サバティカル休暇』の取得を決めました。

 

僕の『サバティカル休暇』取得にあたって、社員の店長チャレンジ期間を設け、自発的に店舗経営をしてもらうようにしたり、

僕がやらないと困る仕事を洗い出したり、

サポート体制を作ったりなど準備をしました。

 

 

休暇を取ってみれば、実際には大きな問題が起こることも無く、順調に現場では目標達成していました。

その時は、「みんなが出来ないんじゃなくて、僕が任せてなかっただけなんだな」と振り返ることが出来ました。

 

おかげで僕も家族との時間がたくさん取れて、素晴らしい休暇になりました。

 

次は誰が『サバティカル休暇』を取得するのか楽しみです。

Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.