GYOPAO BLOG

餃包ブログ

お客様とご一緒します♪

 投稿日 2018/6/21

 

 私たちのシゴト

 

こんにちは!

カメラを買う程ではありませんが写真をいい感じに撮るのが好きな餃包オフィサーのアミです。

 

 

お客様がご来店されたとき、僕たちはファースト10を実施し、お客様をお席までご案内しております。(ファースト10とはコチラ

 

最近は「ご案内係」というのが出来まして、オフィサーはお客様がいらっしゃる入り口まで毎回お出迎えにあがり、お席までご一緒にご案内するという取り組みを実施しています。

 

ただこの取り組み・・・少し考えると”普通”なことかもしれませんw

少し広いフロアーとかですと必ずご案内は付きますものね。

 

ただ僕たちの店舗(六本木店)は正直そんなに大きくはありません。

 

どれぐらいの広さかと言いますと、わかりやすくイメージするなら、、東京ドームの約1/197倍、甲子園の約1/223倍の広さです!!

 

・・・

 

(いや、わかりにくっ!!)

 

 

1F、2F席合わせて55席ですので、言ってしまえば「あちらのお席です!」と手を伸ばせば、どこのお席かほぼほぼ分かるぐらいな広さです。

 

2F席の場合も「どうぞ階段上がってください!」と入り口で声をかけて、お客様が2Fに上がってきた踊り場のところで同じように「あちらのお席です!」と2Fホール担当がお席に手を伸ばせば、ご一緒にご案内しなくともどこのお席かは分かりやすいと言えば分かりやすいのです。

 

 

この取り組みを始めた背景には、オフィサーmtgの時にみんなで覆面調査の結果を振り返っていたところ、「入店からお席に着くまでの際に気の利いた一言があったか?」という欄にいつも「なし」と書かれていることが連続していました。

 

これを何とか改善できないか?

最高峰のサービスをするとしたらどんな対応か?

 

みんなで意見を出し合う中で「コンシェルジュとまでは言わないけど、お席まで付きっ切りでご案内する方が親切じゃない?」と意見が出まして、「やらないよりはまずやってみよう!」となり、実施されています。

 

 

最近は徐々に「入店時に歓迎されていると感じましたか?」「案内時に安心感(気遣い・気配り)はありましたか?」に「とても感じた」「とてもあった」の回答が有り難いことに増えてきましたので、引き続き実施していこうと思います。

Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.