GYOPAO BLOG

餃包ブログ

お客様はお客様に留まらず

 投稿日 2018/8/2

 

 スタッフブログ

 

こんにちは!

何年もブログを毎日書き続ける人って凄いな!!天才だな!!と最近感じる餃包オフィサーのアミです。

(オフィサー:餃包で働くスタッフの名称。詳しくはコチラ

 

 

昨日、お客様は「完成品」だけに価値を感じるのではなく、「未完成品」にも価値があるのではないかという内容を綴りました。詳しくは昨日の記事をご覧ください!

 

お店自体もある種「未完成品」とも言えるのではないでしょうか。かの有名なウォルト・ディズニーさんも素晴らしい名言を残してくれています。

 

「ディズニーランドが完成することはない。世の中に想像力がある限り、進化し続けるだろう。」

 

そうです、餃包も想像力がある限り、進化し続けるお店に間違いありません!!

 

 

 

では、そんな進化し続けるお店を誰が作るのか?

 

 

一般的にはお店で働く人が作るものかもしれません。お店の内装はこうして、料理はこれを用意して、こんな戦略を立てて。

 

それを餃包では、働く人が作るのは勿論なのですが、いつもご利用くださってる常連さんや会員さんと一緒になってお店を作っていきたいと最近考えているのです。

 

自分が意見したものが形になったりすると嬉しい、楽しい経験って一度は何かしらあるのではないでしょうか。あの感覚です!!

 

 

 

そうしますと一緒にお店を作っていくとなった時に最近感じるのは、お客様やファンの方は「お客様・ファン」では留まらない「別の何か」の表現になるな~と思うのです。

 

こんなのいいな~!という個人的な例えですが、超人気女性アーティストの”もも◯ろクローバーZ”って超絶ご活躍されてるじゃないですか。

 

こちらの人気グループのファンの方々をなんと呼ぶかご存知ですか?

 

Google先生に聞くと何でも教えてくださいますが、「モノノフ」と呼んでるんですね。モノノフの由来も「モノノフ 由来」で検索しますと出てきます。めちゃくちゃストーリーが立っていて僕は好きですね。また呼び方も呼びやすいし、独自性があっていいな~!と思うのです。

 

 

これを餃包に転換した時にどんな呼び方や名称が良いか?というのが最近探求しているテーマの一つです。

 

餃包は働く人の名称を「スタッフ」や「社員さん、アルバイトさん」と言わず一律して「オフィサー」って呼んでいます。詳しくはコチラの記事にも記載されてますが、オフィサーには「航海士」という意味がありまして、船を航海させるには必ず航海士の存在が必須なんですね。それを見立てて、船=会社・お店、航海=運営・経営とした時に誰もが必要で責任を全うする存在として「オフィサー」と餃包では呼んでいます。

 

同じようにお店を一緒になって作っていくファンの方や常連さんをなんとお呼びするのがふさわしいか?議論が出ているわけです。

 

「こんなのどう?」という発案がありましたら、常連の皆様や会員様からのご意見もハイパーお待ちしておりますのでお気軽にお声がけください!!

Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.