GYOPAO BLOG

餃包ブログ

餃包誕生までのエピソード2

 投稿日 2018/8/21

 

 餃包ストーリー

 

 

こんにちは。

餃包の曾(そう)です。

 

 

 

 

前回は、餃包より以前に運営していた『アールバーガー』のことをご紹介しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、六本木店のオープン初日、どうだったのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

結果はさんざん。

 

 

 

 

 

ハンバーガー1つで1時間待ち。

 

 

 

 

 

ミスの連発でクレームの嵐

 

 

 

 

 

 

 

待ってるお客さんはみんな眉間にシワを寄せて店員を監視。

 

 

 

 

 

 

当時の本部長は、手間のかかるポテトを作りながら「悲しいオペレーションだ。」とボソり

 

 

 

 

 

お客さんから「ありがとう」とか「美味しかったよ」とか我々の一番のエネルギー源も皆無

 

 

 

 

 

レジ担当のアルバイトの子は突然泣き出し何処かにダッシュ。

 

 

 

 

 

売上は30数万円(確かそのくらい)

 

 

 

 

 

 

 

店員の忙しさとバタバタ加減だけは100万円達成。

 

 

 

 

 

 

さらにその1週間後には売上は半分になり、

 

 

 

 

 

さらにその1週間後には『南青山店』のグランドオープンという、実績と100店舗出店のグラフが見事に反比例する構図。

 

 

 

 

 

 

 

と、まぁいろんな意味で革命的なアールバーガーですが、(アールバーガーのアールはレボリューションの頭文字です)

 

 

 

 

 

 

その敗因はなんだったのでしょう?

 

 

 

 

【敗因その①】

 

 

 

 

 

・自己中心的な考えで業態が誕生した

 

 

 

 

 

 

 

おそらく、これが一番の要因だったかもしれません。

 

 

 

 

 

誰のために?とか、何のために?とか、なぜやるのか?とか

 

 

 

 

 

 

そういうのが運営スタッフには一切なかったです。

 

 

 

 

『こういう商品がなんか面白いよね』とか

『こんな風に内装作ったらめっちゃオシャレよね』とか

『100店舗作ったら大手とも戦えるぞ』とか

 

 

 

 

 

実はこれ、渦中にいる時はみんなよく陥っちゃうんです。

 

 

 

 

 

 

蕎麦作りの趣味が高じて、サラリーマンが退職金つぎ込んで蕎麦屋を始めたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲食とは関係ない会社の社長が、流行りのパンケーキ店を始めたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ママのパスタは絶品だね!この味だったらお店作れるよ!」という旦那の言葉を鵜呑みにして、妻が自宅を改装してパスタ屋さん始めたり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれもプロダクトアウト(作り手や会社の作りたいものを作る)の視点でどれも自己中心的です。

 

 

 

 

 

早い話、『そんなものお客は求めてない』ということです。

 

 

 

 

 

 

2012年に餃包を誕生させた時は、アールバーガーの失敗から、会社の資金も底をついていたので

 

 

 

 

 

 

「これでダメだったら倒産だ」という背水の陣でした。

 

 

 

 

 

 

アールバーガーの教訓もあったし、何より

 

 

 

 

「最後くらい、自分が本当にお客さんだったら、いつも通いたい店を作りたい」という想いでつくりました。

 

 

 

つづく。

 

 

Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.