Exit Interview!vol.10

Exit Interview!vol.10

こんにちは!
「人のことがわからない人に経営はできない」と学び、メンバーと個々に対話する時間を調整しているアルバイトCEOのアミです。
(六本木交差点にあるティール組織の餃包でアルバイトしながらCEOしてます。正式発表はコチラ


今回は餃包を卒業していったオフィサーのExit Interview vol.10をお届けします。


Exit Interviewとは文字通り、餃包から卒業して行くときに実施しているインタビューです。働いて良かった点、学び・成長に繋がった点、改善してほしい点、今後に期待する点、残るメンバーへのメッセージなどをまとめています。

このインタビューはご本人許可を頂いた上で公開しますので、未来のオフィサーへ向けて、餃包がどんな組織なのか?ぜひ参考にして頂ければと思います。
(※所々、餃包専門用語がありますので文字をタップすれば該当ページへ飛ぶようになっています!餃包用語集一覧はコチラ

それでは、vol.10スタートです!

ーーーーーーー

餃包でのネーム:ひろきち(男性・卒業時30代前半)


【この職場の良い点はなんですか?】

一緒に働く人がみんないい人で、お客さんに喜んでもらいたいと思ってるし、そうゆうことが好きな人が多いというのが前提にあるところです。働いていて、お互いが厚い信頼ベースで成り立っているのを強く感じました。

また、自分が他の会社で働くようになって体感することですが、意思決定の速度が圧倒的に早いです。また、組織から求められる基準も高いです。餃包の坪数などを考えると、次の出店を考えるのが一般的だと思うのですが、そこをみんなで1店舗で月商1億円目指そうとしてるのが凄いです。

【学び、成長につながった点】

ベンチャーに入社すると、日々変わっていきます。僕が入社したときは「アールバーガー」というハンバーガー事業でしたが、今では「餃包」という水餃子事業に業態が変わってるのです。この経験を通じて、外部環境というものは平気で変わっていくので、モチベーションを外側に求めるとフラストレーションになることを学びました。

会社がやりがいを与えてくれるなど、外側に何かを求めていると、コントロールを失います。以前までの自分は、「与えてくれる」までは思ってなかったですが、入社当時は多少あったかもしれません。特に代表の坂田に認められたいという思いは、長く残りました。

他にも、一時期、個人事業主となり、自分で税務署行ったりした経験も良かったです。結局すぐに社員登用に戻りましたが(笑)

最近では、組織形態がティール組織になって、個々の存在目的が重要であると感じました。会社に何かを求めるというのが無いのです。例えば、役職がないのが特徴ですが、自分が転職活動を通じてとても感じたことの1つです。転職活動して経験したことですが、どの企業もめちゃめちゃキャリアプランを提示してくるのです。「3年で店長になれます!収入はこうなります!」「最短1年で店長目指します!収入はこれぐらい上がります!」など。

その経験から、ティール運営は改めてハードルが高いなと感じました。階層型のほうが役職が目標やモチベーションとなって、分かりやすいからです。ティールは常に存在目的を探求し続けるので時間がかかります。それでも、これもティールの特徴の一部で重要情報の公開をするのですが、会社の決算書まで全メンバーに公開するのは凄いなと思います。普通はほかの情報含めて見れないです。

【改善して欲しかった点】

うーん、、今までの話した経緯から、会社に求めても仕方ないしな〜(笑)強いて言えば、地下オフィスの荷物が多すぎることぐらいでしょうか。あとは、六本木のお店は「(そう)しげるさんのお店」って感じがありますね。

【今後に期待する点】

月商1億円、頑張りましょう!という感じです。タイミングが何かくれば、助っ人でいきます。

あと、ぜひみなさん、転職活動をおすすめします(笑)僕が今回の転職活動を通じて、ひたすら企業から「あなたはどんな人間ですか?」というのを聞かれるのですが、この問いに明文化して応えなければならないのです。これを書けないのは悲劇です。転職先の企業は「3年間元気で、健康でした。」という応えは求めてないからです。

自社の良さを知らないと、他社の良さはわからないです。自分たちの現在地もわからないです。僕にとって、今回の転職活動はターニングポイントでした。パラレルキャリアとか、他社を知ることで知覚が広がりました。自分が1社しか知らないからと、会社を拠り所にするのは保守的になります。このポジションを守らないと、など。自分がそうなってる部分もありましたので、ポジションに満足すると自分が衰退していくことも感じました。

【残るメンバーへのメッセージ】

オフィサーのみなさんへ、まだまだ餃包のポテンシャルはこんなものではないと率直に感じます。ぜひみんなで唯一無二の餃包を作ってください。

お世話になったお客様へ、今までありがとうございました。もしかしたら、またひょっこりいるかもしれませんが、そのときは温かく迎えてくださいませ。今は、【Will dining&BBQ(有明)】で頑張ってます。BBQがしたくなったら、ひろきちに会いたくなったら、有明で待ってます!ご予約&お問い合わせはこちらから。

ーーーーーーー
ひろきちさん、ご協力ありがとうございました!ひろきちさんの益々のご活躍と成長を心から応援してます(^o^)/


餃包Instagramを楽しみたい方はこちら

餃包YouTubeを楽しみたい方はこちら

#六本木 #六本木グルメ #六本木ディナー #六本木居酒屋 #六本木餃子 #六本木交差点 #六本木中華 #東京餃子 #餃子 #水餃子 #小籠包 #餃子好き #餃子大好き #肉汁 #肉汁餃子 #餃子女子 #餃子女子会 #台湾料理 #餃包 #ギョーパオ #gyoza #restaurant #dumpling #dimsum #izakaya #roppongi #food #restautants

店舗情報

店名肉汁水餃子 餃包 六本木交差点
ジャンル居酒屋・中華・餃子
TEL050-3503-3119
住所〒106-0032 東京都港区六本木4丁目9−8
予約ネット予約はこちら
営業時間【平日】
16:30〜23:45(L.O 23:00)
【土日祝】
12:00〜23:45(L.O 23:00)

■19時〜22時は満席になりお並びいただく事が多いため、お早めのご来店をお待ちしております
■お電話での問い合わせは受け付けておりません
■営業時間は変動する場合があります

定休日第1月曜日(祝日の場合は翌日)
ホームページ中華居酒屋の肉汁水餃子 餃包 六本木交差点【公式】

ACCESS MAP