忘年会でワクチン証明提示を入店条件に実証実験開始

忘年会でワクチン証明提示を入店条件に【実証実験スタート】

株式会社アールキューブ(所在地:東京都品川区、代表取締役:坂田健)が運営する「肉汁水餃子 餃包 六本木交差点」は、2021年12月6日限定で、新型コロナワクチン接種証明書(2回接種)またはPCR陰性証明書(72時間有効)の提示を入店条件とする独自の実証実行を行うことをお知らせいたします。11月24日にはWEB予約の受付も開始いたしました。


飲食店での忘年会文化消滅への危機感

 『Job総研』が発表した「2021年 忘年会意識調査」によると、2021年の忘年会に対して「実施なし」の回答率が87.1%となり、2020年の92.3%と比べて横ばいとなっていることがわかりました。緊急事態宣言解除後にも関わらず2019年の34.5%から大きく悪化したままとなっています。

(引用:Job総研による『2021年 忘年会意識調査』を実施 会社忘年会実施なし9割横ばい 未だ感染警戒で反対派多数 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000069.000013597.html)



また、今年の忘年会実施についての賛否は、賛成派が31.3%、反対派が49.2%となり、反対派のうち55.2%の人が「コロナ等ウイルス感染の恐れ」を反対理由としています。



 飲食店の今年度の忘年会需要が見込めないだけでなく、この状態が長引くほど、仮にコロナが収束したとしても「忘年会はやらなくてもいい」という認識が定着し、日本から忘年会文化が消失するのではないかと危惧しています。
 一方で、人付き合いやコミュニケーション活性化などを理由に3割以上の賛成派が存在し、実施率12.9%に対して、もっと多くの方が本当は忘年会をやりたい、という気持ちも読み取れ、「本当はやりたいけど、コロナが怖い」というケースが多いことも想像できます。


第6波と緊急事態宣言への危機感


 さらに第6波と緊急事態宣言による自粛要請が今後重なれば、飲食店はただ協力金を受給しつづて延命するだけの存在になってしまうと危機感を抱いております。さらに深刻な問題は、その先も終わりが見えないという点です。政府や行政頼りの経営には限界があります。
 また、当店は賃料が高い六本木交差点の路面店のため、協力金では収益を十分賄いつづけることはできません。よって、今後営業自粛要請が発出されたとしても、アルコール販売も含めて通常営業を続けることを宣言いたします。ただし、対象期間中は、ワクチン摂取証明書また陰性証明書の提示を入店条件とする検討をしており、事前検証として、第一回実証実験を行います。
 万が一、諸外国でも実施されているような国や行政によりる入店制限命令が発出された場合、大きな混乱が予想されます。そうなってから対処したのでは遅すぎると考えております。


飲食店独自の実証実験


 当社が運営する「肉汁水餃子 餃包 六本木交差点」は、2021年12月6日限定で、新型コロナワクチン接種証明書(2回接種)またはPCR陰性証明書(来店時72時間有効)の提示を入店条件とする独自の実証実験を決定し、11月24日にはWEB予約の受付も開始いたしました。
 コロナへの不安感を低減しつつ、「本当は忘年会や飲み会を楽しみたい」という潜在ニーズを満たすためには、証明書による入店制限が現状の最善策と考えました。しかし、お客様とのトラブルが起きないか、証明書の確認方法、オペレーション、お客様自身の反応、売上変化、法的問題はないか、など様々なことを明らかにしていく必要があります。そのためには独自の実証実験を行う必要があり、この度の決定となりました。
 第6波が来てからの受け身の行動では遅すぎるため、新規感染者数が落ち着いているこのタイミングで実施いたします。


アンケート結果


 11月6日実施のTwitterアンケートの結果、「当店(肉汁水餃子 餃包 六本木交差点)が、陰性証明書またはワクチン接種証明書の提示がないと入店できないお店になったとしたら、お店を利用したいですか?」という質問に対して、80票の回答が得られ、「利用したい」が47.5%、「利用したくない」が32.5%、「どちらともいえない」が20%という結果となりました。



 証明書提示は手間がかかるため大多数が「利用したくない」と回答するのではないかと当初想定しておりましたが、これほど多くの方が「利用したい」と考えているのは予想外の結果でした。また、否定意見はコメントなどで顕在化しやすい反面、賛成意見が顕在化しにくいのではないか、との仮説も生まれました。「SNSではコメントしづらかったけど、個人的には大賛成です。ぜひ実施してほしい。」などのお声を多数、直接いただきました。ここに、「サイレントマジョリティ」が多く存在すると考え、マーケティングの観点からも、この大きな市場ニーズに応えることが、経営責任を果たす上で重要と考えました。
 また、国や行政による制度化の場合は私権制限などの問題がありますが、一民間企業が独自に入店条件を設けることには何ら問題はないと判断しております。顧客にも店舗にも入店判断の自由があります。


実験方法


1.定休日の第一月曜日を実験日とすることで、条件を満たさないお客様も含めて通常営業には影響がないようにいたしました。
2.新型コロナワクチン接種証明書(2回接種)またはPCR陰性証明書(来店時72時間有効)を、本人確認書類(免許証等、住所確認ができるもの)と併せて、予約段階または入店段階でスタッフへ提示いただき、スタッフが承諾したお客様のみ入店ができます。接種証明書は実施日が確認できるシール等が貼られた予防接種済証(臨時)や、証明書類を撮影した画像データも対象となります。
3.実験当日は、同一条件を満たすスタッフのみが勤務します。
4.当日はメディア取材をお受けしますが、撮影には同条件を満たしたご担当者様のみがご参加ください。また、当日のお客様は撮影にご同意いただくことも入店条件となります。
5.入店時のアルコール消毒、マスク装着は引き続き必須とし、入店時の体温が37.5度以上の方は入店をお断りいたします。

代表コメント

 飲食店はコロナ禍の諸悪の根源のような扱いを受けてきました。しかし、飲食店の営業または自粛と、感染者数の推移には、未だ明確な相関関係が立証されていません。そういった不明確な状態のまま、いたずらに再度営業自粛要請が発出された場合、到底これを受け入れることはできません。しかし、一方で、営業する場合、できる限りの取り組みをする責任が私達にはあります。この実証実験は新たな取組の第一歩となります。検証を経て、今後は曜日によって入店条件を分ける、緊急事態宣言中は全日程で同入店条件を適用する、などの運用拡大も視野に入れております。また、全国の飲食店様で賛同店舗を増やし、コロナワクチン接種率の底上げや第3回接種率の底上げにも寄与できればと思います。飲食店だからこそできることはたくさんあります。

 ご批判があることも承知しています。アレルギーなど物理的理由でワクチン接種できない方もいます。しかし、陰性証明の提示でも入店は可能です。思想として賛同できない方もいると思いますが、他店や他の食事方法を選択すれば良いと考えております。選択の自由が双方にはあります。もしご批判がある場合は、従業員ではなくすべて私宛へお願いします。
お問い合わせはこちら>>

 私個人のことを開示すれば、ワクチン接種は反対派でした。検証期間が短すぎる未知のものを体内に接種するなどしたくないですし、接種せずに済むならしたくないという考えの持ち主です。しかし、様々な情報や意見が散乱する中で、エビデンスを確認しつつ、自らの頭で判断し、結果的に2回接種をしました。
 ワクチンは果たしてどれだけ効果がありまた安全なのか、すぐに完全な結論を出すことはできません。そもそも死亡率が決して高くない新型コロナウイルスが人類または日本人にとって本当にどれほど脅威なのか、いまいち分かりません。ただし、そこに正解を求めることが経営ではありません。そこではないのです。
 企業のミッションの探求や、結果として成果を上げることが経営です。赤字ではただのおままごとなのです。
 この長くつづく不毛な時間に終止符を打つために企業として一歩を踏み出すことの方が大切と考えています。接種率を限界まで最速で高めて、一日も早くより正確な検証をすべきと考えます。それで収束できればベストですし、もしできないならワクチン効果に疑問ありという検証結果と共に、次なる一手に本腰を入れれば良いのです。その検証に耐えられるだけの安全性はすでに示されたと考えます。中途半端な状態で、ただ賛成派と反対派で不毛な戦いをするのは、「経営」においては無駄な時間です。
 また、国や行政の決定を待つだけ、従うだけ、または反発するだけの存在になるのではなく、飲食店がこの戦いを終わらせる主役になるべきと考えていますし、実際に可能です。
 一日も早く、マスク無しでの接客や日常を取り戻したい。これが私の一番の願いです。

最後に、当店の経営方針の大前提をお伝えします。
ただモノを食べるだけであれば、通販、テイクアウトでも十分です。飲食店の存在理由は、お客様とスタッフとの顧客接点や笑顔の対話を通じて、美味しい食事をすることにあると考えています。
当店では実際にテイクアウトをやめました。今後自粛要請が再発してもやらないつもりです。
当店の強みであり、飲食店の存在価値に直結するイートインで勝負する決意をしました。

忘年会、新年会、歓送迎会、団体利用、貸し切り、など、
ぜひ条件をクリアした上で、大いにワイワイ楽しんでいただけると嬉しいです。




せんべろプランは「肉汁水餃子 餃包 六本木交差点」


店名肉汁水餃子 餃包 六本木交差点
ジャンル居酒屋・中華・水餃子
TEL050-3503-3119
住所〒106-0032 東京都港区六本木4丁目9−8
予約ネット予約はこちら>>
営業時間【平日】
16:30〜23:45(L.O 23:00)
【土日祝】
12:00〜23:45(L.O 23:00)

■19時〜22時は満席になりお並びいただく事が多いため、お早めのご来店をお待ちしております
■営業時間は変動する場合があります

定休日第1月曜日(祝日の場合は翌日)
ホームページ・肉汁水餃子 餃包 六本木交差点【公式】
・業務用餃子の餃包
・創業ストーリーはこちら>>

 

毎日餃子TV You Tube>>
毎日餃子TV Tik Tok>>
毎日餃子TV Twitter>>

餃包Instagram>>
餃包Twitter>>
餃包Facebook>>

お問い合わせはこちら>>

#せんべろ #六本木交差点  #居酒屋 #中華 #餃子 #水餃子 #歓迎会 #送別会 #忘年会 #新年会 #貸切


ACCESS MAP

せんべろテラスを常連様がご紹介!

どんなお店かご紹介!

公式PV