パラレルキャリア(複業)メンバー紹介 - 肉汁水餃子 餃包 六本木交差点

パラレルキャリア(複業)メンバー紹介

パラレルキャリア(複業)促進でなぜ成功したのか?」で記載したとおり、当社は多様なメンバーが多様な働き方をしながら、チームで圧倒的な成果を生んでいます。
ここでは、パラレルキャリア(複業)の道を歩んでいるメンバーを一部ご紹介します。


パラレルキャリア(複業)メンバー紹介


パラレルキャリア(複業)メンバー①:平木幹太

パラレルキャリア(複業)平木幹太

高校卒業後すぐに広島から上京した俳優志望の平木幹太くん。「タレント枠」採用の第一号として入社。バイトとオーディションの両立をサポートする餃包で、スタッフとしても役者としても成長し続け、ソニーミュージックのCMで初主演するなど、順調に活躍の場を広げている。



パラレルキャリア(複業)メンバー②:秋山海春

パラレルキャリア(複業)秋山海春
パラレルキャリア(複業)秋山海春

高校1年のときに当社でアルバイトで入社してから、3回出戻りをしている強者。現在はハピネスデザイナーというセルフブランディングで歌手活動やラジオパーソナリティ、キッズシッターなどの仕事をし、どれも本業としてパラレルキャリアを歩んでいる。以前アルバイトをしていたマクドナルドの社内接客コンテストで17万人中、日本一に輝いている。

秋山海春出演の公式PV


パラレルキャリア(複業)メンバー③:アミ

パラレルキャリア(複業)メンバー

3社~4社を複業で働きながら、どの職場でも責任を果たし信頼されている。餃包ではアルバイトCEOという異色の役割を担い、当社の長期借入金の返済計画を実行し無借金経営に導くなど、一般のアルバイトの枠を超えた活躍をしている。当社のブログの9割は彼が執筆している。
ブログ例:複業同業もOK!スパイ採用はじめました


パラレルキャリア(複業)メンバー④:丸山貴央

パラレルキャリア(複業)丸山貴央

個人事業主として兵庫県尼崎市で「大衆居酒屋まるちゃん」を経営。飲食店の経営者でありながら、将来のビジョンを見据えて、単身「肉汁水餃子 餃包 六本木交差点」で一年間修行を開始。大繁盛店づくりのノウハウを体験でマスターしつつ、六本木に関西の風を吹かせファンを増やしている。


パラレルキャリア(複業)メンバー⑤:坂田健

パラレルキャリア(複業)坂田健

当社の代表取締役(プロフィールはこちら)。飲食店を経営する株式会社アールキューブ、食品製造業の有限会社タロコを経営。数年前から新たなパラレルキャリアとして講師業も行う。一時期は年間180日を超える講師稼働日数で全国の企業研修を行う傍ら、社長がいなくても自律的に進化する組織をつくり上げる。複業OKや複業推進を打ち出す企業はあるが、このように代表者自らが完全に職種や立場の異なる職業でパラレルキャリアを歩んでいる例は珍しい。


パラレルキャリア(複業)メンバーのまとめ

様々な目的と背景をもって様々な勤務形態をとりながらも彼らは活躍しています。パラレルキャリア(複業)メンバーの共通点は、組織に依存せず自分の道を自分らしく生きている、という点です。

普通に過ごしてしまうと、組織の色に染めらていることがほとんどです。
それは、あなた自身の色なのでしょうか。

自分らしさは取り戻すことができます。

そのために、餃包も選択肢の一つにしてみてください。
まずは1日体験勤務から試してみてはどうでしょうか。

↓餃包への複業応募や相談はこちら↓

パラレルキャリア(複業)促進でなぜ成功したのか?