GYOPAO BLOG

餃包ブログ

愚痴LINEグループ事件 vol.3

 投稿日 2018/6/19

 

 餃包ストーリー

 

こんにちは!

 

皆さんには第2の故郷的な場所はありますか?

私は東京生まれですが、両親が大阪出身で祖父母も大阪在住なため

大阪に第2の故郷的なものを感じています。

 

大阪が私のアナザースカイ  かずです!

 

 

今回のブログは序盤から滑り散らかしてますが…前回のブログの続きとなっております!

 

書きながら何か熱い気持ちもこみ上げてきた前回(vol.2)のブログはコチラからご覧ください!

 

最初から読みたい方はコチラから!

 

 

 

 

さて、愚痴LINEグループ事件を成長につなげると宣言した当事者たち…

重要なのはここからです。

自分たちの、餃包の成長のために課題を解決していくことが、その姿を見せることが必要です。

 

 

大きな課題は2つ

●言いたいことを言える環境を創る

●LINEグループであがっていた不満をミーティングなどで実際に解決する

 

 

言いたいことをすぐに言えるような環境があれば、愚痴や悪口というのは生まれにくくなります。このテーマはとても重要でした。これについては次回のブログでまとめさせていただきます。

 

 

今回は

●LINEグループであがっていた不満をミーティングなどで実際に解決する

についてどのように解決していったのかをお伝えしていきます。

 

 

愚痴LINEグループであがっていた不満というのは普段のミーティングや業務で言い出すことのできなかった不満です。これが今回LINEグループの存在が発覚したこと明るみに出てくれました。裏で燻っていたこれらの不満を解消することはひとつ餃包の成長につながったと感じています。

 

 

 

いくつかあがっていた不満の中でS-1出場についての不満というものがありました。

それは、

「S-1に出場して欲しいと誘われるが、出場したくない、する意味を見いだせない」

「そもそも私はS-1に誘われてもいない」

などという不満でした。

(S-1とはなんじゃらほい?という方はコチラをご覧ください!)

 

 

6月の月初ミーティングにてS-1について話し合うことが出来ました。

(月初ミーティングについてはアミさんが詳しくコチラでもまとめてくれています!)

 

 

 

今回はミーティングの活性化のための方法もいくつか試しました。

まずは一人一人が思うS-1に出ると得られるものを付箋に書き出します。

その後、その内容を発表しながら模造紙に張り出します。

 

 

(模造紙の画像の写真が撮れていないのでイメージで失礼します…)

 

付箋を使うことは自分の考えを整理するのに効果的でした!

各々で一度整理したS-1に出ると得られるものを発表すると

「そういうものもあったか~」

「お客様にさらに幸せになってもらうために出場する、いいね~」

というようにたくさんの気づきを得られました。

 

 

 

そして…

LINEグループでS-1に出場するか迷っていた2人が参加を決断する

という結果にまで至りました!

(何かを決断する時の顔はかっこいいねぇと餃包一番のイケメン茂さんからお褒めいただきました)

 

 

LINEグループであがっていた不満を実際に解消できた例をひとつ紹介できました。

 

 

 

 

さて、何回かに分けて投稿してきたこの愚痴LINEグループ事件についてのブログも次回が最後になります。

 

 

とても重要なテーマ

●言いたいことを言える環境を創る

ということについて次回のブログではお伝えしたいと思います。

ぜひ次回のブログもご覧ください!

 

vol.4はコチラから!

 

最初から読みたい方はコチラから!

Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.