GYOPAO BLOG

餃包ブログ

武者修行プログラム#2【チームビルディング】

 投稿日 2019/3/24

 メンバー紹介

 

こんにちは!!

真冬なのに日焼けして帰ってきた餃包オフィサー池ちゃんです。

(スリランカにボランティアに行ってきました)

 

さて前回のブログで武者修行プログラムついて書きました

前回のブログはこちら

さて、中間プレゼンを経て、全チームズタズタにされました

たった2,3日前に顔を合わせた住んでいる場所も価値観も違う4人がいきなりビジネスをやれといわれ徹夜でプレゼン資料を作れといわれ

そりゃ不平不満の一つや二つは出てきますよね(笑)

実際、この武者修行中、夜は他のチームでも誰かが何かしらに悩んで泣いていました。

 

チームには発達段階があります。

チームが作られる形成期→意見がぶつかり合う混乱期→役割や決まり事ができる標準機

→能力の発揮と成果が出始める達成期

そうこの武者修行プログラムはストイックさから混乱期が生じ

まるで意図されたかのようにチーム面談があり標準機、達成期にもっていきます。

そのために期間中、チームビルディングを深めるために様々なアクティビティを

企画してくれます。

(アクティビティの様子)

さて、僕たちチームココ夏に混乱期が来たかというと

実はこれと言ってきませんでした(笑)

これは割とレアケース

意見のぶつかり合いがなかったのかというとそんなことはありません。

みんながそれぞれ自分の意見を発していました。

チームが決まった最初のオンラインミーティングで

チームメンバーの一人はるひが

一つルールとして決めたことがあります。

それは

だれの意見に対しても最初に否定で入らないこと。

それを4人は守っていいましたし、

それぞれの強みというものをすでにお互い理解しているようでした。

そして4人がそれぞれお土産屋さんで売れる商品を作ることを目的に考え、動いていたのでたいした不平不満が生じなかったのですね。

けれども、お互いのことをまだ深く知らないのは事実です。

ここでチームビルディングファシリテーターが提案したのが

「人生曲線」

人生二十数年のモチベーションの上げ下げを一つの曲線でたどりながら共有することで

お互いのバックグラウンドが理解できるというものです。

これをするとしないでは大違い

互いの心の距離が一気に近づきました。

人生20年、みんなそれぞれのストーリーがあり、色んなことに悩んで生きているのです。

中にはずっとしまい込んでいた闇があったり、人には決して語らない秘密があったり

それらをここであった仲間に共有することは勇気のいることです。

しかし、それができれば

まだ出会って数日なのにまるで昔から知っているような関係になることができます。

こうして僕たちココ夏は

互いに歩み寄り、価値観や背景を共有して確かなチームとなっていきました。

ここからの武者修行は正直私はとても楽しかったです。

(六日目という意味です)

お互いに理解しようと努力すること、歩み寄ること

これが重要なのです。

餃包にも過去、愚痴ライングループ事件がありました。(当時僕はいませんでした)

先輩と後輩との不調和から起きてしまったそうです。

しかし、こうやって混乱期を経験しておきながら最終的には互いに歩み寄ろうと努力し、ブログに載せるまで向き合いました。

混乱期を経てチームは成長していくのですね。

当時のブログはこちらから

 

ともに何かを成し遂げたいのであるならば当然意見のぶつかり合いはあります。

しかし、それで相手を否定しないで理解しようと努力すること

早く行きたいなら一人で行きなさい

遠くに行きたいならみんなで行きなさい

その意味をこの武者修行で理解できたような気がします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(1日だけ休日、みんなで海へ  こういう時間も大切)

次回武者修行#3【オーナーシップ】

です。

僕たちはどんな商品を作ったのでしょうか

餃包での仕事に興味のある方はこちらのホームページからどうぞ

 



Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.