未完成にも価値がある

未完成にも価値がある

 

未完成にも価値がある

こんにちは!

2018年の夏は早くも8月に突入し、時の流れを鬼早く感じる餃包オフィサーのアミです。

(オフィサー:餃包で働くスタッフの名称。詳しくは コチラ

最近個人的にもお店としても考えてることがあるのです。

一般的な企業では 作り手 受け手 って必ず分かれていると思います。

それは 「会社・お店」 「お客様」 という感じですよね。

だから会社やお店は 「完成品」 をお客様に届ける必要がある。

お客様はその 「完成品」 に価値を感じて買う。

ここで一つの問いがあるのですが、 「未完成品」 には価値がないのか?

僕個人の答えは NO でして、むしろ現代の傾向には 「未完成品」にこそ価値があるのではないか と考えています。

例えば、自分の好きな音楽アーティストが作詞作曲した「完成品」がiTunesやYouTubeでダウンロードできたり、ミュージックビデオを見れたり聴けたりしますよね。

未完成にも価値がある

(写真:シンガーソングライターとしても活躍する餃包オフィサーみはちゃんが作詞作曲した楽曲。1枚1000円(税込)で発売中!)

これがLIVEとなるとアーティストはLIVEの曲途中で急に歌わなくなったりすることもあるじゃないですか。つまり、曲の完成度で言えば「未完成品」だと思うのです。

ただそんな事がありますと、 LIVE参加者(ファン)がアーティストの代わりに自分たちで歌い出して、一緒に曲を作っていく、LIVE「未完成品」を作り上げていくというのがある種LIVEの醍醐味や価値だったりする と思うのです。

未完成にも価値がある

と考えた時に 「未完成品」 にも価値があり、 一緒になって作り上げていくプロセスって現代にはとても価値があることなのではないか と考えているのです。

餃包としても、 どのようにして「お店を一緒に作り上げていくプロセス価値」を提供していけるか を最近テーマとして考えています。

ちなみにブログはそのプロセス共有の一部と僕は捉えています。こんなお話もお店の常連さんや会員さんと一緒に話し合う場を一度作ってみたいと考えています。


 

餃包Instagramを楽しみたい方はこちら
餃包YouTubeを楽しみたい方はこちら

#六本木 #六本木グルメ #六本木ディナー #六本木居酒屋 #六本木餃子 #六本木交差点 #六本木中華 #東京餃子 #餃子 #水餃子 #小籠包 #餃子好き #餃子大好き #肉汁 #肉汁餃子#餃子女子 #餃子女子会 #台湾料理 #餃包 #ギョーパオ #gyoza #restaurant #dumpling #dimsum #izakaya #roppongi #food #restautants

店舗情報

店名肉汁水餃子 餃包 六本木交差点
ジャンル居酒屋・中華・餃子
TEL050-3503-3119
住所〒106-0032 東京都港区六本木4丁目9−8
予約ネット予約はこちら
営業時間【平日】
16:30〜23:45(L.O 23:00)
【土日祝】
12:00〜23:45(L.O 23:00)

■19時〜22時は満席になりお並びいただく事が多いため、お早めのご来店をお待ちしております
■お電話での問い合わせは受け付けておりません
■営業時間は変動する場合があります

定休日第1月曜日(祝日の場合は翌日)
ホームページ中華居酒屋の肉汁水餃子 餃包 六本木交差点【公式】
業務用餃子の餃包

ACCESS MAP