餃子屋の開業支援

餃子屋の開業・繁盛プロデュース


餃子屋の開業(独立)支援

料理人に依存しない飲食業態で経営することが、この時代を生き抜く必須条件です。実績のある屋号や業態を、加盟金・ロイヤリティなしで開業しませんか?
開業資金さえあればすばやく開業する方法(居抜き・業態変更案件も可能)、開業資金がなくても時間を投資して修行・暖簾分け(のれんわけ)することで繁盛店の経営者なる方法、ご自身の独自屋号で開業する方法、など様々なニーズに合わせて餃子店の開業をプロデュースします。


すぐに餃子屋を開業したい方

屋号曾さんの餃子
契約形態屋号・商標権の利用契約
*FC契約とは異なります
主な契約条件・メイン商品として当社指定の餃子を販売(他社の餃子は販売できません)
・サイドメニューは原則自由(当社から提案・提供は可能です)
・FC契約ではないため、加盟金・ロイヤリティはありません
開業支援方針既存店のモデルをベースに、商品構成助言、看板・メニュー等デザインデータの提供、機器選定助言、業者・仕入先等の紹介などを行います。既存店でのトレーニング(原則無償)も可能です。ご経験やご要望に応じて柔軟に対応します。業態変更も相談可。
自己資金自己資金が必要です(必要な資金調達もご自身・自社でお願いします)

既存店(曾さんの餃子 水道橋店)のご紹介は こちら>>

【メリット】
・素早く暖簾分けできる
・職人不要でアルバイトでもオペレーション可能
・加盟金・ロイヤリティなど余計なコストを搾取されない
・商品構成の自由度が高い
・既存店のノウハウを共有できる
・必要に応じて成功既存店でトレーニングができる
・新規出店、業態変更、どちらでも対応可能

独立開業した餃子屋

暖簾分けで繁盛店ノウハウを得て餃子屋を開業したい方

屋号肉汁水餃子 餃包
契約形態(修行期間中)
業務委託契約

(独立開業後)
屋号・商標権の利用契約
*FC契約とは異なります
主な契約条件(修行期間中)
・本店で他のスタッフ同様に勤務しながらトレーニング
・一定基準を満たしたら、将来の店舗譲渡を前提とした新規直営店を当社資金で出店(時期・場所は相談の上)
・新店の店長として一定基準(投資回収等)を満たすまで営業
・基準を満たしたら店舗を譲渡(完全独立)

(独立開業後)
・原則当社指定の商品構成で運営(独自メニューの相談は可能)
・FC契約ではないため、加盟金・ロイヤリティはありません
開業支援方針どっぷり内部に関わっていただくことで、直営店の成功ノウハウ(経営戦略、組織マネジメント、マーケティングなど)をすべて伝授するというポリシーです。
自己資金資金が十分なくとも、必要な『時間』を投資いただくことで店舗を手に入れていただきます。成功する考え方やノウハウも体得いただくことで成功確率を最大化することが狙いです。

本店:『肉汁水餃子 餃包 六本木交差点』
世界中からお客様が訪れ、激戦区で増収増益を続ける。有料会員は8000人以上。25坪で月商1500万を超え、25~30%の利益率を誇る。トリップアドバイザー東京23区10万店中1位。新型コロナ不況の中でも満席行列をつくるお店。テレビや雑誌など多数メディアにも取り上げられている。
———————
すでに、こちら>> のように挑戦者の修行がスタートしております(順次情報公開して参ります)。
成功し長続きする店づくりをとことん学びたい方は、このパターンを推奨いたします。

【メリット】
・本店修行期間は最短で半年(教育システムがあるため早い)
・職人不要でアルバイトでもオペレーション可能
・加盟金・ロイヤリティなど余計なコストを搾取されない
・大繁盛店の経営戦略、マーケティング、組織づくりのノウハウを習得できる
・自己資金が不十分でも対応可能
・新規出店、業態変更、どちらでも対応可能
・確実の収益が見通せる状態で完全独立するため個人のリスクが小さい

餃子屋で独立開業

ご自身の屋号で餃子屋を開業したい方

屋号貴店独自の屋号
契約形態卸取引のみの関係のため、原則契約の縛りはありません。掛取引のみ売買契約書の締結をする場合があります。
契約条件特に無し
開業支援方針簡単なアドバイスや、トレーニング受け入れなど可能な範囲での支援となります。ご相談ください。
自己資金自己資金が必要です(必要な資金調達もご自身・自社でお願いします)

餃子屋をご自身の屋号で開業したい方もお気軽にご相談ください。




業務用餃子・問い合わせボタン

FC(フランチャイズ)契約を行わない理由

当社は「加盟金・ロイヤリティ型のフライチャイズ形式をとらない」という方針です。主に以下のような理由のためです。

・陳腐化を避けるため
 →メガチェーンによる陳腐化で餃子マーケットが価格競争に陥っている構造を打破したい

・搾取構造を撤廃することで事業主様が「長期的」に営業継続をできるようにするため
→根拠の乏しい「加盟金」や「ロイヤリティ」により事業主様の体力が奪われている現状を打破したい

・相互の経営の独立性を重視しているため
 →契約よる主従関係、コントロール関係ではビジネスとして限界がある。パートナーシップを重視したい。

・当社内の不必要な「本部体制・本部人員」を排除し、柔軟性、機動性、コスト優位性を高めるため
→態度が偉そうなだけの本部スーパーバイザーは不要ではないでしょうか。私達は繁盛する直営店を自らも経営し、その最新ノウハウを常に開示しつづける形での本質的な支援をしたいと考えています。「最前線で戦っていない人間」からのアドバイスなんて誰も欲しくないはずです。


【公式PV】肉汁水餃子 餃包 六本木交差点