6月月初mtg

6月月初mtg

こんにちは!

お爺ちゃん、お婆ちゃんの代から皆O型家系で生まれてきたO型のサラブレッドと言えば餃包 オフィサー のアミです。

先日 6月の月初mtg を行いました。月初mtgは毎月第1月曜日を定休日として1日お店を閉めて、 みんなで現場で起きている、感じている様々な課題について改善、解決に向かう時間 となっています。

直接参加できないオフィサーには LIVE配信 も行なっています。(僕たちがmtgをする目的は コチラ

今回取り扱ったテーマは、この6点でした!

S1サーバーグランプリ 参加で何を得られそうか?参加目的は?

オフィサー 各個人にお互いがお互いの良い所、気掛かりな所、期待する所を文字化したプレゼントを贈る

・覆面調査の振り返り

プラス手当て 支給条件の見直し

・アミの役割プレゼン&フィードバック

・価格設定に対して

このブログではいくつかピックアップしてお伝えしたいと思います。

6月月初mtg

まず S1サーバーグランプリ について。

みんながどんな目的を持って参加しようとしているのか?

参加したらどんな影響がお店やお客様や自分自身にありそうか?

そんな事を模造紙と付箋とペンを使って、みんなで “ジョハリの窓を広げる” ことを意識しながら行いました。付箋に自分の参加目的や自分が参加して得られそうなことを1枚1案で書いていき、同じ模造紙にみんなで貼っていきます。

ジョハリの窓とはGoogle先生に聞けばいくらでも出てきますが、今回意識したことは自分自身が知覚している(思っている、感じている)事をアウトプットしたり、他人がアウトプットした知覚している事をインプットする事で、自分自身や他人の物事の見方、捉え方を拡張し、各々の成長に繋がるようにしました。

6月月初mtg

殆どのオフィサーが「自分自身の成長」「他店との繋がりができる」などの知覚を持つ中、ベトナムオフィサーの グーちゃん 「S1チャレンジはお客様もして欲しいと思います。お客様のために参加します。」 と発表してました。

6月月初mtg

これは皆んな「確かにー!」と自分が気付いてない、知らない知覚に気付いた瞬間でした。

僕も、自分がお気に入りのお店で働いてる人たちがお客様サービス向上を目指して努力している事はシンプルに嬉しいし、いいね!と感じるよな~と思いました。

グーちゃん、NICEです!!

もう一つ、特にやって良かったな~と僕が感じたことは、 お互いがお互いの思ってる事を文字にして贈る ワークでした。

素直な想いを言葉にできる環境を作るために、皆んなで2つ約束事を設けました。

①相手から言われた事は受け止める。拒絶や否定をしない。

②相手の良い点、気掛かりな点(悪い兆し)、期待する点を贈る。

以上を守ることで何を伝えても安心安全な環境作りに一人ひとりが努めました。

ちなみに僕がその時参加していた オフィサー から頂いた 言葉のプレゼント はこちら!

6月月初mtg

ありがたい限りです!!

驚くようなコメントも頂き、自分では全くそのように思っていなくても、他人からはそう見えているんだな~と言うのが分かりました。お互いが望む関係性に向かって自分ができることを改善していきます。

今回のmtg全体の進行&タイムキーパー役を買って出てくれた 大学生同士 すぐるちゃん かず には感謝しています。

色々と事前準備もやってくれたおかげで、限られた時間の中で様々なテーマの改善に向けて皆んなで話し合えました。

6月月初mtg

(写真左:かず 右:すぐる)

初めての事で緊張したり大変だなと感じた部分もあると思いますが、それを一つ乗り越えたからこそ、そこには成長があったと思います。二人ともぜひ今後の人生に活かしてほしいです!

すぐるちゃん、かず、お疲れ様でした!そして、ありがとうございます。