GYOPAO BLOG

餃包ブログ

愚痴LINEグループ事件 vol.2

 投稿日 2018/6/18

 

 餃包ストーリー

 

皆さんこんにちは かずです!

今回は前回のブログの続きとなっております!

 

前回(vol.1)のブログはコチラからご覧ください!

 

 

 

さて、私たちは今回の事件をどのように成長に繋げていくのでしょうか…

 

 

 

悪口や愚痴にあふれたLINEグループに参加していた当事者たち(私を含む)はまず全体に向けて謝罪します。

 

 

同時にそのLINEグループで話されていた内容を包み隠さずすべて開示します。

(vol.1のLINEグループの画像は開示したものの一部から抜粋しました。)

 

 

「そのLINEグループで何を話していたんだろう…」

「私の事もそのグループの中で話されていたのかな…」

このような不信感を払拭するにはこの開示は必須でした。

 

 

 

この当事者たちの謝罪と開示を受けて、あるオフィサーはこう返します。

「餃包の経営理念からすると、そういう環境も私が創りだしている。それを改善することも私ができる。一緒に成長しよう。」

 

二度とこのようなことが起きないように、みんなの知らないLINEグループを作ることを禁止する。という改善案を出してくれたオフィサーもいます。

 

 

「反省してください。」

「二度とないようにしてください。」

という無関心な反応だけで終わらないでいてくれたことをとても感謝しています。

 

 

 

 

 

そして当事者たちは今回の失敗をどう未来へ活かしていくかを宣言しました。

●言いたいことはため込まずその場で言えるようにする

●言いたいことを言える環境を創る

●LINEグループであがっていた不満をミーティングなどで実際に解決する

●今回の事件を未来への教訓としてブログに残す

 

 

 

 

 ピンチチャンスもう百回くらい聞いたことのある名言ですが…

 

このLINEグループ事件が発覚した時は私自身相当なピンチでした。後から自分がやっていたことの幼稚さにやっと気づき、(もうみんなに合わせる顔がない…)と初めて餃包に向かう足が重くなりました。

 

 

それでも今回はオフィサーがピンチチャンスに変えてくれました。

 

餃包ではもし失敗しても自分の成長や改善に期待をしてくれます。

一緒に成長しようと手を貸してくれます。

 

その期待を裏切らないようにしたいとブログを書きながら改めて思っています。

 

 

 

 

 

今回の事件を経て、私たちに期待されていたこと

●言いたいことを言える環境を創る

●LINEグループであがっていた不満をミーティングなどで実際に解決する

 

 

 

次回のブログからは実際にこの2つの課題をどのように解決していったのか…

お伝えできればと思います!

 

vol.3はコチラから!

Copyright© 肉汁水餃子専門店 餃包【公式】 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.