一般的な(?)垣根抹消

一般的な(?)垣根抹消

こんにちは!

実はお酒は1人では一滴も口にしない餃包オフィサーのアミです。

(オフィサー:ティール組織の餃包で働くスタッフの名称。詳しくは コチラ

所々既にご紹介させて頂いてますが、 餃包という組織には「長」の付く役職が廃止されました。ですので「店長」も居なければ「社長」も居ません。

廃止した背景には 「役職者」がトップダウンでお客様の幸せや組織を作っていくのではなく、1人ひとり自分が責任を持ってお客様の幸せや組織を作っていく当事者意識を持つため です。詳しくは コチラ

そして先日、それに付随するような餃包の歴史が変わる意思決定がありました。

それが・・・

アルバイト・社員という呼び名廃止

一般的な(?)垣根抹消

今、餃包では アルバイト・社員という呼び名は存在しなくなりました。

実は法的にはそもそもパート、アルバイト、正社員、契約社員などの区別はなく一括して「労働者」と呼ばれています。

そのため餃包では働くスタッフのことを一括して 「オフィサー」 と呼んでいます。オフィサーと呼ぶ背景には、 日本語で「航海士」の意味がありまして、船(=会社)を航海(=経営)するには必ず航海士が必要なのです。誰もが会社・お店を経営・運営していく上で必要不可欠な存在であるという意味から「オフィサー」となっています。

また、 アルバイト・社員と表現する事で世間一般的なイメージから、社員の方がアルバイトより偉い、責任がある、決定権があるといったような思い込みが強い ように感じます。

「アルバイトだから◯◯◯」

「社員だから◯◯◯」

そういったイメージも餃包が目指す組織体からはズレが生じるため、廃止した次第です!

今後も様々な取り組みが出てくる可能性が多々ありますが、常に個人も組織も変化し成長し続ける文化として、僕自身も磨き続けていきます!(^o^)/