長門ゆずきちの特徴・栄養などまとめ

長門ゆずきちの特徴・栄養価まとめ

こんにちは!
コンビニでもらった割り箸の袋を開けたら、人生で初めて爪楊枝が2本入っていたアルバイトCEOのアミです。

ゆずきちという果実をお聞きしたことはあるでしょうか。9月より肉汁水餃子 餃包 六本木交差点では、”季節の生搾り果実”に今年は「長門ゆずきち」をご用意しております。ちなみに昨年は同時期に「日向 しょちくれ平兵衛酢」が楽しめました。ゆずきちは昨年のへべすに比べてさらに希少な果実ですので、この機会にご紹介していきます。

ゆずきちとは

ゆずきちの正式名称は「長門ゆずきち」と言われており、山口県の伝統果実・伝統柑橘です。カボスやスダチの仲間で、「長門の国で生まれ、柚子より優れている」という意をもって命名されました。

ゆずきちはまろやかな酸味と爽やかな香りがあり、種がほぼ無いため果汁がたくさん詰まっているのが特徴です。お店では4分割にカットされたゆずきちを4個(丸々1個分)搾っていただき、季節の生搾りサワーとして楽しむことができます。香りがすんごーく爽やかで良いです!

山口県萩市が原産と言われており、長門市が県内で最大の生産地となっています。それでも出荷量は毎年とてもわずかなため、生産者さんは「ゆずきちの流通は大阪までがほとんど、東京までは流通に乗っていない。」と話されていました。

ゆずきちの栄養価

リンゴ酸(疲労回復)



ゆずきちはカボスや柚子と比較してリンゴ酸が多く含まれています。リンゴ酸には、食事をエネルギーに変化させるクエン酸回路を活発にする働きがあるため、疲労回復を促す効果があります。若々しくありたい方にオススメです。


βカロテン(免疫力強化・美肌効果)


カボスや柚子と比較して、βカロテンもゆずきちには多く含まれています。βカロテンには強い抗酸化作用があるため、身体の老化を抑え、がんや生活習慣病などの予防効果が期待できます。また、βカロテンは必要な分だけ体内でビタミンAに変化する特徴もあります。ビタミンAには皮膚や粘膜の新陳代謝を促進する働きがありますので、美肌効果や免疫力を高める効果があります。

まとめ

ゆずきちの収穫時期は8月上旬~10月下旬です。東京には流通に乗らない、この時期だけ楽しめる希少なゆずきちをぜひ楽しみに肉汁水餃子 餃包 六本木交差点へいらしてください。




店名肉汁水餃子 餃包 六本木交差点
ジャンル居酒屋・中華・水餃子
TEL050-3503-3119
住所〒106-0032 東京都港区六本木4丁目9−8
予約ネット予約はこちら>>
営業時間【平日】
16:30〜23:45(L.O 23:00)
【土日祝】
12:00〜23:45(L.O 23:00)

■19時〜22時は満席になりお並びいただく事が多いため、お早めのご来店をお待ちしております
■営業時間は変動する場合があります

定休日第1月曜日(祝日の場合は翌日)
ホームページ・肉汁水餃子 餃包 六本木交差点【公式】
・業務用餃子の餃包


Instagramはこちら
YouTubeはこちら
Twitterはこちら
Facebookはこちら

#せんべろ #六本木交差点  #居酒屋 #中華 #餃子 #水餃子 #小籠包  #ラーメン #女子会 #歓送迎会 #歓迎会 #送別会 #壮行会 #忘年会 #新年会 #貸切


ACCESS MAP

せんべろテラスを常連様がご紹介!

どんなお店かご紹介!

公式PV